文学館出前講座

ホーム > イベント > 文学館出前講座

市町村連携事業「文学館出前講座」

2009

北海道立文学館へ足を運ぶ機会の少ない地域住民を対象に、当財団の役員である作家などを地域で開催される文芸講演会や講座等の講師として派遣し、地域の文学振興に寄与することを目的とする「文学館出前講座」を実施しています。

ページの先頭へ戻る

平成30年度地域連携事業 「文学館出前講座」実施要項

1 目的

 北海道立文学館へ足を運ぶ機会の少ない地域住民を対象に、当財団の役員である文学者などを地域で開催される文芸講演会や講座等の講師として派遣し、もって地域の文学振興に寄与することを目的とする。

2 講師派遣対象

 次に掲げる実施団体の文学に関する講演会等の計画に対し、北海道立文学館が講師の人選に協力し、謝金と旅費を負担して講師を派遣する。

(1) 市町村教育委員会、社会教育・文化団体等が、文芸講演会、講座等の開催を計画し講師派遣を希望するとき。

(2) 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等が、授業時間の内外を問わず、児童・生徒や保護者等を対象に文芸講演会、講座等の開催を計画し講師派遣を希望するとき。

3 派遣の条件、手順等

(1) 実施団体が講演会や講座等の事業を計画し講師の派遣を希望するときは、別紙様式「文学館出前講座開催申込書」により、北海道立文学館へ申し込むものとする。

(2) 講師、講演者については、実施団体が希望する講座等の内容を基に、北海道立文学館が実施団体と協議の上決定する。

(3) 講演等の時間は、90分(小学校等の場合45分でも可)を基本とする。講演開催時期は原則として5~11月までの期間内とする。

(4) 北海道立文学館は、実施団体が希望する計画内容や開催地域のバランス等を勘案の上、開催の可否を実施団体へ通知する。

(5) 事業の実施に当たっては、当該事業が北海道立文学館との共催である旨を明記して行うものとする。

(6) 講師等の謝金、旅費は、北海道立文学館が負担する。

(7) 実施団体は、会場の確保や住民等へのPRに関することを行う。

(8) 実施団体は、事業終了後すみやかに、「文学館出前講座終了報告書」(※様式任意)に写真(データも可)その他の資料を添えて、北海道立文学館へ報告するものとする。

4 「文学館出前講座開催申込書」提出期日

平成30年3月2日(金)必着

5 開催申込書の送付先

〒064-0931
札幌市中央区中島公園1番4号
北海道立文学館 業務課長あて

電話:011-511-7655 FAX:011-511-3266
※内容についてのお問い合わせは学芸課 丹伊田(ニイダ)宛にお願いします。

開催申込書

6 その他

派遣可能な講師等の情報は別紙「講師リスト」(PDF形式:約179KB)のとおりです。
参考例にない講師(当 財団関係者)についても相談に応じます

北海道文学館2018出前講座の講師リスト

内田 弘(公益財団法人北海道文学館副理事長)

  • 斎藤茂吉と北海道~歌集『石泉』を巡って
  • 斎藤茂吉と大正ヒューマニズム~歌集『あらたま』を巡って
  • 来道歌人の北海道詠
  • 小・中・高生の短歌~文学館短歌コンテストの歩み

前川 公美夫(北海道文学館理事)

  • 北海道映画史はじめのはじめ
       ―「ナイヤガラの滝」「実験するエジソン」…こんな映像が人々を驚かせた―
  • 歌われる札幌・歌われる北海道 ―「時計台の鐘」vs「函館の女」―

瀬戸 正昭(北海道文学館理事)

  • クラッシック音楽講座
  • 現代詩講座(詩学・鑑賞)

中澤 千磨夫(北海道文学館理事)

  • (永井)荷風を読む
  • 昭和歌謡を読むーーなかにし礼の場合ーー(CD使用)

若宮 明彦(北海道文学館評議員)

  • やさしい現代詩入門ーSNS詩集を読んでみようー
  • 波打ち際の詩文学ー北海道の海のポエジーを探るー

谷口 孝男(北海道文学館専務理事)

  • 新聞を使った誰にでも書けるコラム・文章術入門
  • 北海道の風土と青春文学としての渡辺淳一ー「白夜」5部作を中心にーー

森 一生(北海道文学館理事)

  • 演劇ワークショップ
  • 有島武郎の戯曲を読む
  • 久保栄「林檎園日記」「火山灰地」を読む

石本 裕之(北海道文学館評議員)

  • 漢字のなりたち
  • 宮沢賢治と札幌・北海道とのかかわり
  • 井上靖の作品、小熊秀雄賞について

斉藤 征義(北海道文学館理事)

  • 宮沢賢治の謎にせまる。賢治童話。詩作品をよみとく
  • 詩をよむ。詩をつくる
  • 映像化と文学コミュニケーション

柴橋 伴夫(北海道文学館評議員)

  • 北の音楽家-伊福部昭の肖像
    北海道出身の音楽家伊福部昭にスポット。その独自な音楽性の源泉を北での生活から探ります。

安高 誠吾(北海道文学館理事)

  • 旧約聖書の世界
  • 宮沢賢治の短編小説を読む

田口 耕平(北海道文学館評議員)

  • 福永武彦「草の花」の成立ほか、福永武彦を読む

岡崎 守(北海道文学館理事)

  • 愉快に楽しく川柳入門

橋本 征子(北海道文学館評議員)

  • サン・テグジュぺリ「星の王子さま」の作品の裏にこめられた意図
  • フランス古謡にみられるフランス詩の発生
  • ボードレール、ランボーからつながる現代詩の意義

田中 綾(北海道文学館評議員)

  • 働く/働けない/働かない――現代文学作品にみる労働観
  • 禁じられた文学――GHQ検閲を中心に
  • 「ふりがな1つで、短歌は活きる」(短歌創作ワークショップ)

※講師の都合により、開催の曜日が限定される場合がありますので、詳細はお問い合わせください。


過去実績者

平原 一良(公益財団法人北海道文学館副理事長)

  • 詩人吉田一穂入門
  • 吉村昭と北海道
  • 原田康子の小説について

阿知良 光治(北海道文学館評議員)

  • 短歌の作り方

神谷 忠孝(北海道文学館名誉理事長)

  • 北海道文学について

柴村 紀代(北海道文学館理事)

  • 児童文化雑誌・資料について


職員ほか

月岡 道晴(國學院大學北海道短期大学部準教授)

  • 「万葉集」の世界
  • 短歌講座

本宮 洋幸(北海道武蔵女子短期大学準教授)

  • 「源氏物語」の世界

瀬戸 優理子(俳句作家)

  • やさしい俳句入門~17文字で「今」を詠む実作教室

吉成 香織(北海道立文学館学芸員)

  • 北海道文学について(ゆかりの作家、作品について解説)

丹伊田 範子(北海道文学館主査)

  • 読み聞かせ(絵本読み聞かせ、ボードビルほか)
  • 親子・小学生向け手作り教室(夏休み・クリスマス・お正月向けなど)

苫名 直子(北海道立文学館主任学芸員)

  • 絵本のキャラクター「おばけのマ~ル」とさっぽろをあるく
  • 三岸好太郎の絵画と詩の世界―ボーカロイドで楽しむ
  • 『さとぽろ』 大正末~昭和初期・札幌芸術運動の盛り上がり
  • 北海道の美術と文学が交わるところ―朗読を交えて
  • パワーポイントを用いた読み聞かせ

新明 英仁(小樽美術館館長、元北海道立文学館学芸主幹)

  • 怪談話の世界(作家が描いた怪談について解説)

田村 英一(アナウンサー、ナレーター)

  • 文学作品の朗読。ギター・チェンバロ演奏とのコラボも可。
  • 朗読の方法について、実演を交えて話す。

松井 信子(俳優、朗読教室講師)

  • 三浦綾子・原田康子作品の朗読

村井 裕子・あらひろこ(フリーアナウンサー)

  • 宮澤賢治作品の朗読をカンテレ演奏とコラボ(秋以降の開催)

岸田 典大(絵本パフォーマー)

  • 絵本パフォーマンス(音楽を流しながら、歌うような抑揚をつけて絵本を読む)

クレヨンカンパニー(人形劇団)

  • がらくた人形劇と影絵

人形劇団ブランコ

  • 人形劇と腹話術

ページの先頭へ戻る

平成30年度地域連携事業 「ミニ巡回展」実施要項

1 目的

 北海道立文学館へ足を運ぶ機会の少ない地域住民を対象に、当館が実施した展覧会の展示資料(パネル、書籍など)を貸し出し、もって地域の文学振興に寄与することを目的とする。

2 対象

 市町村教育委員会(図書館・公民館等)、社会教育・文化団体等が、当館の展示資料を活用し計画するミニ巡回展に対し、展示資料の送料(文学館からの発送分)の負担及び職員を派遣し展示方法の指導をするとともに、必要に応じ講師を派遣する。

3 派遣の条件、手順等

(1) 実施団体が「ミニ巡回展」を希望するときは、別紙様式「ミニ巡回展開催申込書」により、北海道立文学館へ申し込むものとする。

(2) パネルを除く展示資料はケース内展示とする。

(3) 展示資料の貸出期間は、最大2ヶ月を原則とする。

(4) 展示資料の返却送料については、借用する団体の負担とする。講師・館職員の派遣に関する経費は北海道立文学館が負担する。

(5) 展示資料の保全については、借用者が責任をもってあたることとする。

(6) 事業の実施に当たっては、当該事業が北海道立文学館との共催である旨明記して行うものとする。

(7) 実施団体は、会場の確保や住民等へのPRに関することを行う。

(8) 実施団体は、事業終了後すみやかに、「ミニ巡回展終了報告書」(※様式任意)に写真(データも可)その他の資料を添えて、北海道立文学館へ報告するものとする。

4 「ミニ巡回展開催申込書」提出期日

平成30年3月2日(金)必着

5 開催申込書の送付先

〒064-0931
札幌市中央区中島公園1番4号
北海道立文学館 業務課長あて

電話:011-511-7655 FAX:011-511-3266
※内容についてのお問い合わせは学芸課 丹伊田(ニイダ)宛にお願いします。

開催申込書

6 ミニ巡回展貸出資料

  • 展覧会「怪奇文学館文豪たちのこわーい話」(パネル、書籍等)
  • 展覧会「 ほっかいどうの短歌100首」(パネル、書籍等)
  • 展覧会「ネコ!ねこ!猫!!」(パネル、書籍等)」
  • 展覧会「ワン!ニャン!どっちも大好き」(パネル、書籍)
  • 展覧会「ベストセラー作家 渡辺淳一が描いた北海道」(パネル、書籍、複製資料 等)
  • 展覧会「函館出身作家 佐藤泰志の青春」(パネル、書籍、複製資料 等)

※「装幀の美しい本」「梁川剛一の紙芝居」「戦中・戦後の紙芝居」などや、そのほか地域の作家資料など、ご要望のある場合はご相談ください。

7 平成26年度に開催したミニ巡回展

  • 「怪奇文学館文豪たちのこわーい話」(東神楽町)
  • 「宮沢賢治の世界をアートする2014」(苫小牧市)
  • 「鳩沢佐美夫自筆資料」(平取町)

8 平成27年度に開催したミニ巡回展

  • 「本という芸術」(余市町)

9 平成28年度に開催したミニ巡回展

  • 「「ネコ!ねこ!猫!!」(池田町、砂川市)
  • 「怪奇文学館文豪たちのこわーい話」(新ひだか町)
  • 「北海道の短歌三十一文字が紡ぐ北の律動」(釧路市阿寒町)
  •  

10 平成29年度に開催したミニ巡回展

  • 「ワン!ニャン!どっちも大好き」(京極町)
  • 「ほっかいどうの短歌」(名寄市)
ページの先頭へ戻る