講演会・セミナー

ホーム > イベント > 講演会・セミナー

池澤夏樹 連続講演 第15回「平家物語」

開催日時 第15回 2017年5月12日(金) 18:00~
講師 池澤夏樹
会場 当館講堂 (定員100名)
受講料 1000円 (文学館会員500円)
申し込み方法 受講申し込みは電話にて受け付けます。先着順。
(定員になり次第締め切らせていただきます。)
チラシ 池澤夏樹 連続講演 第15回 平家物語 (PDF形式:259KB)
ページの先頭へ戻る

文字・活字文化の日関連事業 「北海道文学館公開歌会・句会」

短歌・俳句・川柳の作家が「北海道」をテーマにした題で競詠。

開催日時 2017年10月29日(日) 14:00~
聴講料 無料
定員 80名(当日先着)
チラシ 第3回 北海道文学館 公開歌会・句会 (PDF形式:277KB)
ページの先頭へ戻る

日仏文化交流の夕べ
「オリエンタルピアノ LE PIANO ORIENTAL」を語る

[対談]ゼイナ・アビラシェド × 池澤夏樹
1950 年代ベイルートと現代のパリを交差して語る波瀾万丈な家族の歴史へ

開催日時 2017年11月1日(水) 18:00~19:30
終了後におふたりのサイン会を開催します
出演 ゼイナ・アビラシェド(グラフィック・アーティスト、『オリエンタルピアノ』著者)
池澤夏樹(小説家、当館館長)
司会:長野督(北海道大学大学院教授)
会場 当館 地階講堂
聴講料 無料
定員 80名(先着順・要申込み)
お申し込み方法 10月3日(火)午前9時から電話にて先着順に受付開始
チラシ 「オリエンタルピアノ LE PIANO ORIENTAL」を語る (PDF形式:1.7MB)
ページの先頭へ戻る

対論「北海道文学」の可能性

「現代北海道文学論―『北の想像力』可能性」(北海道新聞連載)完結記念

北海道新聞夕刊文化面で、2015年4月から連載された「現代北海道文学論-『北の想像力』可能性」が 2017年12月末で完結します。33回に及ぶ連載では、荒巻義雄、池澤夏樹、円城塔、佐藤泰志、清水博子ら北海道ゆかりの作家とその品だけでなく、アイヌ民族やサハリン先住民族の文学などにも視野を広げました。
≪対論 「北海道文学」の可能性≫では、連載企画・監修を務めた芸評論家・ゲームライターの岡和田晃さんと、札幌在住の文芸評論家・川村湊さんを迎え、「北海道文学」と「風土性」というテーマや、現代に「北海道文学」を読み直す意義などを語り合ってただきます。

開催日時 2018年1月13日(土) 14:00~16:30
出演 岡和田晃(文芸評論家・ゲームライター)/川村湊(文芸評論家)
進行: 古家昌伸(北海道新聞文化部編集委員)
会場 当館 講堂
聴講料 無料
定員 80名(先着順・要申込み)
お申し込み方法 電話にて受付
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館、北海道新聞編集局文化部
チラシ 対論 「北海道文学」の可能性 (PDF形式:467KB)
ページの先頭へ戻る