特別展

ホーム > 展覧会 > 特別展

北海道の俳句 ~どこから来て、どこへ行くのか~

会期:2019年2月2日(土)~3月24日(日)

江戸期の松窓乙二の来道をはじめとして、歴史の節目節目に道外各地から俳句文化が流入し、時代ごとに根づいてきた北海道の俳句文芸。それは全国的に見て、きわめて特異な歴史を持っています。しかし、北海道の歴史とともに歩んできた民衆文芸・俳句の過去の記憶が、時の流れの中にしだいに薄れつつあります。

今回は、当館所蔵資料などにもとづき、北海道俳句が「どこから来たのか」という視点で歴史を軸に整理をし、その上で俳句文芸の現況と明日の展望「どこに行くのか」について考えます。

展覧会チラシ(PDF形式:約1.1MB)

観覧料 一般500(400)円、高大生250(200)円、
中学生以下、65歳以上の方無料
( )内は10名以上の団体料金
開館時間 9:30~17:00 (入場は16:30まで)
休館日 毎週月曜日、2月12日(火) ※ただし2月11日(月)は開館
主催 北海道立文学館、公益財団法人 北海道文学館、北海道新聞社
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会、北海道俳句協会
協力 日本伝統俳句協会北海道支部、
俳人協会北海道支部、現代俳句協会(中・北・東・南北海道4地区協会)

関連事業

文芸講演会「人と俳句」

開催日時 2019年2月2日(土)10:30~12:00
会場 当館講堂
講師 辻脇系一(中北海道現代俳句協会前会長)
申し込み方法 要申込・1月11日(金)9:00より電話にて受付。(定員80名、先着順)

俳句展記念「大学生による公開歌会・句会」

開催日時 2019年2月24日(日)14:00~15:30 
会場 当館講堂
コメンテーター 山田航(歌人)、五十嵐秀彦(中北海道現代俳句協会会長)
短歌実作者 岐阜亮司・宮川漣(北海道大学短歌会)
俳句実作者 音無早矢(北海道教育大札幌校)、村上海斗(北海学園大学)、
角田萌(北海道教育大学旭川校)
定員 聴講無料 定員60名(当日先着)

講座「AIが俳句を作るまで」(仮題)

開催日時 2019年3月9日(土)13:30~16:30
会場 当館講堂
講師 山下倫央(北海道大学大学院准教授)
申し込み方法 聴講無料 2月23日(土) 9:00から電話で受け付けます。
(定員80名、先着順)

座談会「北海道の俳句~どこへ行くのか~」

開催日時 2019年3月16日(土) 14:00~15:30
会場 当館講堂
講師 安田豆作、瀬戸優理子、鈴木牛後、松王かをり (俳人)
司会 五十嵐秀彦(中北海道現代俳句協会会長)
申し込み方法 聴講無料 3月2日(土) 9:00から電話で受け付けます。
(定員80名、先着順)

北海道文学館俳句賞記念講演会

開催日時 2019年3月17日(日)14:00~15:30
会場 当館講堂
講師 佐藤文香(俳人)
申し込み方法 聴講無料 2月2日(土) 11:00から電話で受け付けます。
(定員80名、先着順)
ページの先頭へ戻る