特別展

ホーム > 展覧会 > 特別展

よみがえれ!とこしえの加清純子
―『阿寒に果つ』ヒロインの未完の青春―

会期:2019年4月13日(土)~5月31日(金)

渡辺淳一の『阿寒に果つ』(初版1973年)のヒロイン時任純子のモデルとして知られる加清純子(1933〜52年)は第二次大戦後の日本社会の反権威世代(アプレゲール)で、デカダンでアヴァンギャルドに時代を駆け抜けた天才少女画家です。
 教育者の家庭に生まれ、中学生の頃から父親の児童雑誌「ひばり」にマンガを描き才能の片鱗をみせていました。第23回道展に15歳で入選、早熟な芸術家の道を歩み出します。札幌女子高校から学制改革で札幌南高校2年生に編入されると、同期生にはのちに作家となる荒巻義雄、渡辺淳一などがおり、彼らとの青春の日々が始まります。美術では前衛画家・菊地又男の指導を受け全道展、アンデパンダン女流画家協会展、自由美術協会展に出品、さらには個展を開催するなど活躍しました。文学では樫村幹夫、岡村春彦らと同人誌「青銅文学」の創刊に参加、表紙カットや挿絵を担当したほか、いくつもの小説や詩を執筆し、その感受性豊かで鮮烈な物語世界は大人たちを驚かせました。
 しかし、1952年1月、赤いカーネーションを残して失踪、4月に阿寒山中で遺体となって発見されました。享年18。遭難死とも自殺とも言われていますが、真相は明らかではありません。
 昨年、実弟の暮尾淳氏ら遺族によって加清純子の絵画15点が奇跡的に保管されていたことが判明しました。本展はこれらの作品を含め、美術と文学にわたる天才少女画家の魅力あふれる表現世界を一挙に紹介する初の試みです。生き急いだ日々の光と影がたゆたうように、止むことのない青春の鼓動に耳を傾けます。

展覧会チラシ(PDF形式:約1.2MB)

観覧料 一般700(560)円、高大生450(360)円、小中生300(240)円
65歳以上の方450(360)円
( )内は10名以上の団体料金
休館日 月曜休館
ただし4月29日、5月6日(月・祝)は開館し、5月7日(火)、8(水)は休館
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館、北海道新聞社
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会

関連イベント

記念講演会1「姉・加清純子の思い出」

開催日時 2019年4月13日(土) 10:30~11:30
会場 当館講堂
講師 暮尾淳(詩人、加清純子実弟)
申し込み方法 聴講無料 要申込・3月29日(金)9:00より電話にて受付。
(定員80名、先着順)

記念講演会2「同級生・加清純子-とこしえの芸術少女の魅力」

開催日時 2019年5月12日(日) 14:00~15:00
会場 当館講堂
講師 荒巻義雄(SF作家)
申し込み方法 聴講無料 要申込・4月26日(金)9:00より電話にて受付。
(定員80名、先着順)

展覧会企画者トーク「走れ!加清純子―昭和20年代の青春」

開催日時 2019年5月19日(日) 14:00~15:00
会場 当館講堂
講師 谷口孝男(当財団理事、コラムニスト)
申し込み方法 聴講無料 要申込・4月26日(金)9:00より電話にて受付。
(定員80名、先着順)

ひとひら忌 渡辺淳一追想音楽会

「阿寒に果つ」の作者・渡辺淳一の命日(2014年4月30日、80歳で没)に追想音楽会を行います。
平成最後の日を、展覧会と音楽でお楽しみください。

開催日時 2019年4月30日(火) 16:00~17:00
会場 当館地階ロビー(喫茶・休憩スペース)
出演 渡部大三郎(元札響クラリネット)、大平まゆみ(札響コンサートマスター)、
佐藤郁子(札響ヴァイオリン)、青木晃一(札響副首席ヴィオラ)、坪田亮(札響チェロ)
曲目 モーツァルト:クラリネット五重奏曲 K.581
ガーシュイン:サマータイム ほか
定員 当日先着60席 無料
開演および準備中は大きな音が響きます。あらかじめご了承ください。
チラシ ひとひら忌 渡辺淳一追想音楽会(PDF形式:約306KB)

上映会1「橋本奈々未の恋する文学―冬の旅 渡辺淳一『阿寒に果つ』」

 制作:UHB北海道文化放送 2016年

開催日時 2019年5月2日(木) 14:00~15:00
会場 当館講堂
解説 後藤一也(UHB北海道文化放送編成制作局制作部副部長)
申し込み方法 応募制 定員80名 無料
往復はがき往信うら面に、参加希望の上映作品名、氏名、住所、電話番号を記入して、4月18日(木)までに(当日消印有効)に当館までお送りください。

※1枚のはがきで2名様まで応募可。(その際は、2名分の氏名をお書きください。)

※定員を超えた場合は抽選とし、結果を返信はがきにて郵送します。

郵送先住所: 〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館

上映会2「もうひとつの『阿寒に果つ』‐氷の自画像をたずねて」

 制作:HBC北海道放送 1996年

開催日時 2019年5月4日(土・祝)
①11:00~12:00 ②14:00~15:00 (同内容で2回)
会場 当館講堂
申し込み方法 応募制 定員80名 無料
往復はがき往信うら面に、参加希望の上映作品名、氏名、住所、電話番号、希望時間(①か②)を記入して、4月18日(木)までに(当日消印有効)に当館までお送りください。

※1枚のはがきで2名様まで応募可。(その際は、2名分の氏名をお書きください。)

※定員を超えた場合は抽選とし、結果を返信はがきにて郵送します。

郵送先住所: 〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館

朗読会「加清純子をめぐって」

内容・開催日時

1 渡辺淳一「阿寒に果つ」
2019年5月22日(水)
朗読:朗読ユニット ふたりしずか(熊谷百合子、杉浦貴子)

2 加清純子「無筆の画家」、加清蘭「北風の街」ほか 
2019年5月23日(木)
朗読:鈴木栄子、上埜きみ子、五島 由

いずれも13:30~ 約1時間30分
会場 当館講堂
申し込み方法 聴講無料 要申込・5月1日(水・祝)9:00より電話にて受付。
(定員80名、先着順)

ギャラリーツアー

開催日時 2019年4月20日(土)、21日(日)、5月18日(土)
いずれも14:00~ 約40分
会場 特別展示室(ご案内:本展担当学芸員)
参加方法 入場券をお求めの上、展示室入口へ。(先着10名程度)
ページの先頭へ戻る