特別展

ホーム > 展覧会 > 特別展

ファミリー文学館 彫り続けた北の自然-絵本画家・手島圭三郎の40年

会期:2021年8月28日(土)~10月17日(日)

 手島圭三郎(てしま・けいさぶろう 1935年、紋別市生まれ)は木版画による絵本『しまふくろうのみずうみ』(1982年、福武書店)で絵本作家としてデビューしました。 同作は絵本にっぽん賞(現・日本絵本賞)を受賞。以降『おおはくちょうのそら』『くまげらのもり』『きたきつねのゆめ』を始めとする北に生きる動物たちを描いた作品や、アイヌの人々が語り伝えてきたお話を絵本にした『イソポカムイ』や、『ふぶきのとり』などの幻想シリーズを、40年間発表してきました。
 85歳になった昨年から制作してきた40作目となる最新作『きたきつねとはるのいのち』は今年の春に刊行しました。
 ファミリー文学館では、雄大で美しい、そして厳しい北の自然とそのなかで生きる野生の生き物の命を木版画に彫り、絵本として北の大地からみなさんの元に届け続けた手島圭三郎氏の足跡を振り返ります。

展覧会チラシ(PDF形式:約1.34MB)

観覧料 無料
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(9月20日は除く)、9月21日(火)
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館(北海道立文学館指定管理者)
後援 札幌市、札幌市教育委員会
協力 株式会社絵本塾出版

関連イベント

講演会「北の自然と私の絵本」

お母さんたちに贈る手島圭三郎からのメッセージ

日時 2021年9月4日(土) 14:00~15:00
会場 当館講堂 無料
講師 手島圭三郎氏(絵本作家)
定員 ※定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。
25名(予約制、8月21日9:00より電話受付)

朗読とハープで綴る 手島圭三郎の絵本の世界

※延期とさせていただきます。
日時 2021年9月12日(日)10月2日(土)14:00~15:00
会場 当館講堂 無料
出演 北のやまねこ朗読倶楽部、熊井芳美(ハープ奏者)
定員 25名(予約制、8月29日9:00より電話受付)

ワークショップ 箱の中に北の自然を作ろう!

※中止とさせていただきます。
日時 2021年9月20日(月・祝) 10:30~12:00(予定)
会場 当館講堂 無料
講師 当館職員
定員 10組(予約制、9月5日9:00より電話受付)
対象 小学生と保護者の方が対象です。
持ってくる物:筆記用具、彩色道具(色鉛筆、マーカーなど)、のり、はさみ

読み聞かせ「手島圭三郎 北の自然と生き物たち」

日時 2021年10月17日(日) 11:00~11:45
会場 当館講堂 無料
出演 当館職員
定員 25名(予約制、10月3日9:00より電話受付)
対象 幼児・小学生と保護者

ページの先頭へ戻る