常設展

ホーム > 展覧会 > 常設展「北海道の文学」

常設展「北海道の文学」

DSC_0079常設展示室は1年を通して公開しています。
ここでは、「北海道の文学」と題して、アイヌ民族の文学、小説・評論、詩、短歌、俳句、川柳、児童文学など、幅広い分野にわたって、それらの概要を紹介しています。当館所蔵の約26万点の資料から精選し、直筆原稿や初版本、書簡、色紙、短冊などの資料を通して、この北の地を舞台に展開された文学の多様な営みを知ることができます。

なお、新たに収蔵された資料は、常設展示室内の「文学館アーカイブ」コーナーで年間4回に分けて展示しています。なお、文学館アーカイブは、常設展の観覧料金でご覧いただけます。

観覧料金

(2014年4月1日より)
一般 高校・大学生 中学生以下・65歳以上
個人 500円 250円 無料
団体(10名以上) 400円 200円

※観覧料が免除になる場合があります。詳しくは「観覧料の免除」をご覧ください。

常設展「北海道の文学」展示構成

【資料】常設展展示資料リスト(PDF形式:380KB)

ページの先頭へ戻る