今後の特別展

ホーム > 展覧会 > 今後の特別展

ファミリー文学館 絵本の動物園へようこそ

会期:2017年12月2日(土)~2018年1月21日(日)

この冬、中島公園に動物園が出現!ただし本物のどうぶつではなく、絵本の中のどうぶつたちが大集合。ゾウやゴリラ、ライオン、キリン、シロクマなどが描かれている絵本の動物園。おはなしの中のどうぶつたちとふれあってください。

観覧料 観覧無料

関連事業

期間中、親子向けワークショップを予定しています。詳細はお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

北海道文学館」創立50周年記念特別展
有島武郎と未完の『星座』

会期:2018年2月3日(土)~3月25日(日)

「カインの末裔」「生まれ出づる悩み」などで明治・大正の北海道に生きる人間を鮮明に描き出した作家・有島武郎(1878年~1923年)。狩太(現・ニセコ)での無償農場解放をはじめ、「遠友夜学校」、北大美術団体「黒百合会」での活動など、その功績は文学だけに止まりません。本展ではその足跡を辿るとともに、自身の札幌農学校(現・北海道大学)時代をモデルにした未完の小説「星座」に焦点をあて、様々な個性を持つ若者たちが、自然とお互いを活かし、助け合う青春群像の描写に、有島が何を託したのかを読み取り、分断や衝突の問題に揺れる現代社会を考えるヒントを探ります。

観覧料 一般700(560)円、高大生450(360)円、小中生300(240)円、
65歳以上の方450(360)円
( )内は10名以上の団体料金

関連事業

文芸講演会 「『星座』と学校・学問・女性(仮)」

開催日時 2018年2月10日(土)14:00~
講師 中村三春(北海道大学教授)
会場 当館講堂
申し込み方法 定員:80名 締切:2018年1月27日(土)消印有効
「往復はがき」にイベント名・住所・氏名・電話番号を記入し、当館まで。
1枚で2名まで応募可。(その場合2名の氏名を記入)。
※当選した方には入場券を添付し、抽選に漏れた方にはその旨を記し、返信用はがきでお知らせします。
ページの先頭へ戻る