今後の特別展

ホーム > 展覧会 > 今後の特別展

金子みすゞの世界

会期:8月27日(土)~10月23日(日)

童謡詩人・金子みすゞ(1903~30年)は、20歳の頃から童謡作品を雑誌に投稿し、西條八十から称賛されました。 26歳の若さでこの世を去り、長らく「幻の童謡詩人」と語り継がれてきました。 1982(昭和57)年、童謡詩人の矢崎節夫が手書きの三冊の童謡集を発見、『金子みすゞ全集』を刊行すると、みすゞの名は一躍世に知られるようになりました。 多くの人が見過ごしてしまいがちなものの存在に目を向けたみすゞの童謡は、現在でも多くの人に親しまれています。
本展では、みすゞの生涯や彼女の童謡の世界を紹介します。

観覧料 一般700(560)円、65歳以上の方450(360)円、
高大生450(360)円、小中生300(240)円、
( )内は10名以上の団体料金(詳細はお問い合わせ下さい)

歿後10年 吉本隆明――廃墟からの出立

会期:10月29日(土)~1月9日(月・祝)

『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』など多くの著作で知られる吉本隆明(よしもと・たかあき、1924~2012年)。 詩作のかたわら吉本は、人間や社会の意味を根底から問い直し、言語・芸術・宗教・性など幅広い分野にわたる評論活動をジャンル横断的に行いました。 その表現・思想の淵源に何が湛えられていたのか。
本展では、敗戦直後の廃墟にあって、精神と生活の危機に直面しながら、ひとり詩を書き、世界把握の方法を模索した吉本の追究の姿を、自筆原稿・ノート・著作などを通して探ります。

観覧料 一般700(560)円、65歳以上の方450(360)円、
高大生450(360)円、小中生300(240)円、
( )内は10名以上の団体料金(詳細はお問い合わせ下さい)

細谷源二と齋藤玄 北方詩としての俳句

会期:1月21日(土)~3月19日(日)

昭和初頭の新興俳句運動にめざめ、戦時中の俳句弾圧の荒波をくぐりぬけ、北海道の戦後俳句界を力強く牽引した細谷源二と齋藤玄。「働く者の俳句」を標榜し花鳥諷詠とは異なる現代俳句を推進した源二と、幽玄の世界に深く分け入り伝統詩型の中に新局面を切り開いた玄。作風は対照的ながら、新興俳句の精神を戦後の北海道に根付かせ、「北方詩としての俳句」とも呼ぶべき世界を創り出すという共通点を持つ俳人でした。
いまこの二人にあらためて光を当て、激動の昭和俳句が現在と未来に問いかける課題を浮き彫りにします。

観覧料 一般500(400)円、高大生250(200)円、中学生以下・65歳以上無料
( )内は10名以上の団体料金(詳細はお問い合わせ下さい)
ページの先頭へ戻る