今後の特別展

ホーム > 展覧会 > 今後の特別展

極の誘ひ 詩人吉田一穂展 ―あゝ麗はしい距離(ディスタンス)、

会期:2018年9月22日(土)~11月18日(日)

詩人吉田一穂(よしだ・いっすい、1898~1973年、渡島管内木古内町出身)が生誕して120年。 「海の詩人」「孤高の象徴詩人」「日本のマラルメ」と呼ばれ多くの芸術家らに畏敬された一穂は、少年時代を過ごした積丹半島の古平町を<白鳥古丹(カムイコタン)>と呼んで詩的インスピレーションの源泉としました。 本展では、詩集『海の聖母』『未来者』『白鳥』などの代表作をはじめ一穂の詩業を、その書画とともに紹介します。東西文明への深い洞察力と鋭い批評性をたたえ、今なお近代詩の極北に位置づけられる吉田一穂の世界をご堪能ください。

観覧料 一般550(400)円、高大生250(200)円、
中学生以下、65歳以上の方無料
( )内は10名以上の団体料金

関連事業

文芸対談「吉田一穂をめぐって」

開催日時 2018年10月21日(土)14:00~15:00
講師 吉増剛造(詩人)、酒井忠康(美術評論家、世田谷美術館館長)
申し込み方法 要申込・10月5日(金)9:00より電話にて受付。(定員80名、先着順)


ファミリー文学館
大本靖の版画でたどる 北海道四季の風景

会期:2018年12月1日(土)~2019年1月20日(日)

北海道の四季の風景を印象的な構図と深みのある色調の木版画で表現し続けた大本靖(おおもと・やすし 1926~2014年)。その絵画を通じて北国の自然の表情をご鑑賞いただきながら、この地の風物や人々の暮らしを描いた文学作品をお楽しみいただきます。

観覧料 無料

関連事業

音楽のしらべとともに

展示室内にて生演奏をおおくりします。音楽の流れるなかで展覧会鑑賞をどうぞ。

開催日時 2018年12月15日(土)、2019年1月19日(土)
各日11:00~、13:00~ 各約40分間


北海道の俳句 ~どこから来て、どこへ行くのか~

会期:2019年2月2日(土)~3月24日(日)

江戸期より歴史の節目節目に道外各地から俳句文化が流入し、時代ごとに根づいてきた北海道の俳句文芸。 それは全国的に見てきわめて差異な歴史を持っています。しかし、北海道の歴史とともに歩んできた民衆文芸・俳句の過去の記憶が、時の流れの中にしだいに薄れつつあります。 今回、文学館収蔵資料にもとづき、北海道俳句が「どこから来たのか」という視点で歴史を軸に整理をし、その上で俳句文芸の現況と明日の展望「どこへ行くのか」について考えます。

観覧料 一般500(400)円、高大生250(200)円、
中学生以下、65歳以上の方無料
( )内は10名以上の団体料金

関連事業

文芸講演会「人と俳句」

開催日時 2019年2月2日(土)10:30~12:00
講師 辻脇系一(中北海道現代俳句協会前会長)
申し込み方法 要申込・1月11日(金)9:00より電話にて受付。(定員80名、先着順)
ページの先頭へ戻る